Javaの基本構文の概要

1. 概要

Javaは、静的に型付けされたオブジェクト指向プログラミング言語です。 また、プラットフォームに依存しません-Javaプログラムは、ソースコードを変更することなく、Windowsシステムなどの1種類のマシンで作成およびコンパイルし、MacOSなどの別のマシンで実行できます。
このチュートリアルでは、Java構文の基本を調べて理解します。

2. データ型

Javaのデータ型には、https://www.baeldung.com/java-primitives-vs-objects [プリミティブ型とオブジェクト/参照型]の2つの広範なカテゴリがあります。
link:/java-primitives[*Primitive types *] *単純なデータを保存する基本的なデータ型*であり、データ操作の基盤を形成します。 たとえば、Javaには、整数値(_int、long、_ _byte、short _)__、__floating-point値(_float_および_double _)__、__character値(_char_)、および論理値(_boolean_)のプリミティブ型があります。
一方、*参照型は、値および/または他のオブジェクトへの参照を含むオブジェクト、または値の欠如を示す特別な値_null_への参照です。
_String_ classは、参照型の良い例です。 オブジェクトと呼ばれるクラスのインスタンスは、「Hello World」などの一連の文字を表します。

*3. Java *で変数を宣言する

Javaで変数を宣言するには、その名前(識別子とも呼ばれる)とタイプを指定する必要があります*。 簡単な例を見てみましょう。
int a;
int b;
double c;
上記の例では、変数は宣言された型に基づいてデフォルトの初期値を受け取ります。 変数を_int_と_double_として宣言したため、それぞれデフォルトの0と0.0になります。
または、*代入演算子(=)を使用して、宣言中に変数を初期化できます:*
int a = 10;
上記の例では、代入演算子(=)を使用して、変数を* type _int_ *の* type * _int_ *および* assign andaの値に代入し、ステートメントを終了します。セミコロン(;)*。** ** Javaでは、すべてのステートメントがセミコロンで終わることは必須です。
*識別子とは、文字、数字、アンダースコア、ドル記号で構成される任意の長さの名前です**次の規則に準拠しています。
  • 文字、アンダースコア(_)、またはドル記号($)で始まります

  • 予約キーワードにすることはできません

  • true _、 false、_、または_null_にはできません

    上記のコードスニペットを拡張して、簡単な算術演算を追加しましょう。
int a = 10;
int b = 5;
double c = a + b;
System.out.println( a + " + " + b + " = " + c);
上記のコードスニペットの最初の3行を*「10の値を_a、_に割り当て、5の値を__b、__sumに__a __and _b_の値を割り当て、結果をcに割り当てる」*として読むことができます。 最後の行では、操作の結果をコンソールに出力します。
10 + 5 = 15.0
他の型の変数の宣言と初期化は、上で示したのと同じ構文に従います。 たとえば、_String _、_ char_、および_boolean_変数を宣言しましょう。
String name = "Baeldung Blog";
char toggler = 'Y';
boolean isVerified = true;
強調のため**、__char __and _String_のリテラル値を表す主な違いは、値を囲む引用符の数**です。 したがって、_´a'_はa _char_で、_“ a” _はa _String._です。

4. 配列

配列は、特定の型の値のコレクションを格納できる参照型です。 Javaで配列を宣言するための一般的な構文は次のとおりです。
_ * type [] identifier = new type [length]; * _
型には、任意のプリミティブ型または参照型を指定できます。
たとえば、最大100個の整数を保持できる配列を宣言する方法を見てみましょう。
int[] numbers = new int[100];
配列の特定の要素を参照する、または要素に値を割り当てるには、変数名とそのインデックスを使用します。
numbers[0] = 1;
numbers[1] = 2;
numbers[2] = 3;
int thirdElement = numbers[2];
Javaでは、*配列インデックスはゼロから始まります。*配列の最初の要素はインデックス0にあり、2番目の要素はインデックス1にあります。
さらに、_numbers.length_を呼び出すことで配列の長さを取得できます。
int lengthOfNumbersArray = numbers.length;

5. Javaキーワード

*キーワードは、Javaで特別な意味を持つ予約語です。*
たとえば、_public、static、class、main、new、instanceof_はlink:/tag/java-keyword/[Javaのキーワード]であるため、*として使用することはできません識別子(変数名)*。

*6. Java *の演算子

上記の代入演算子(=)を確認したので、他の種類のhttps://docs.oracle.com/javase/tutorial/java/nutsandbolts/opsummary.html[Java言語の演算子]を調べてみましょう。

* 6.1。 算術演算子*

Javaは、数学的な計算ロジックの作成に使用できる次のhttps://docs.oracle.com/javase/tutorial/java/nutsandbolts/op1.html [算術演算子]をサポートしています。
  • +(プラスまたは追加。文字列の連結にも使用)

  • –(マイナスまたは減算)

  • *(乗算)

  • /(部門)

  • %(モジュラスまたは剰余)

    前のコード例でプラス(+)演算子を使用して、2つの変数の加算を実行しました。 他の算術演算子も同様に使用されます。
    プラス()のもう1つの用途は、文字列を連結(結合)してまったく新しい文字列を形成することです。
String output =  a + " + " + b + " = " + c;

* 6.2。 論理演算子*

Javaは算術演算子に加えて、ブール式を評価するために次のhttps://docs.oracle.com/javase/tutorial/java/nutsandbolts/op2.html [論理演算子]をサポートしています。
  • &&(および)

  • || (または)

  • ! (ない)

    論理ANDおよびOR演算子を示す次のコードスニペットを考えてみましょう。 最初の例は、_number_変数が2と3の両方で割り切れるときに実行されるprintステートメントを示しています。
int number = 6;

if (number % 2 == 0 && number % 3 == 0) {
    System.out.println(number + " is divisible by 2 AND 3");
}
_number_が2または5で割り切れる場合、2番目が実行されます:
if (number % 2 == 0 || number % 5 == 0) {
    System.out.println(number + " is divisible by 2 OR 5");
}

* 6.3。 比較演算子*

ある変数の値を別の変数の値と比較する必要がある場合、Javaのhttps://docs.oracle.com/javase/tutorial/java/nutsandbolts/op2.html [比較演算子]を使用できます。
  • _ <_(より小さい)

  • ⇐(以下)

  • >(より大きい)

  • > =(以上)

  • ==(等しい)

  • !=(等しくない)

    たとえば、比較演算子を使用して、投票者の適格性を判断できます。
public boolean canVote(int age) {
    if(age < 18) {
        return false;
    }
    return true;
}

7. Javaプログラムの構造

データ型、変数、およびいくつかの基本的な演算子について学習したので、これらの要素を単純な実行可能プログラムにまとめる方法を見てみましょう。
  • Javaプログラムの基本単位はa__Class_です。

  • _Class_を実行可能にするには、_main_メソッドが必要です。* _main_メソッドは、プログラムのエントリポイントを示します。

    先ほど検討したコードスニペットのいずれかを実行するために、単純な実行可能_Class_を作成しましょう。
public class SimpleAddition {

    public static void main(String[] args) {
        int a = 10;
        int b = 5;
        double c = a + b;
        System.out.println( a + " + " + b + " = " + c);
    }
}
クラスの名前は_SimpleAddition_であり、その内部には、ロジックを格納する_main_メソッドがあります。 *左中括弧と右中括弧の間のコードのセグメントは、コードブロックと呼ばれます。*
Javaプログラムのソースコードは、拡張子が._。java_のファイルに保存されます。

8. プログラムのコンパイルと実行

ソースコードを実行するには、まずコンパイルする必要があります。 このプロセスにより、ファイル拡張子が.__のバイナリファイルが生成されます。 Java Runtime Environment(JRE)がインストールされている任意のマシンでバイナリファイルを実行できます。
上記の例のソースコードを_SimpleAddition.java_という名前のファイルに保存し、ファイルを保存したディレクトリから次のコマンドを実行します。
javac SimpleAddition.java
プログラムを実行するには、単に次を実行します。
java SimpleAddition
これにより、上記と同じコンソールへの出力が生成されます。
10 + 5 = 15.0

9. 結論

このチュートリアルでは、Javaの基本的な構文をいくつか見てきました。 他のプログラミング言語と同じように、絶えず練習すれば簡単になります。
このチュートリアルの完全なソースコードは、https://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/core-java-modules/core-java [Github。]で入手できます。