文字列を分解する必要がある場合もあります。

var sentence = "Oh a cookie!"

sentence.split(" ");

// [ "Oh", "a", "cookie!" ]

構文

秘訣は正しいセパレーターを使用することです。

myArray.split(separator);

一般的な使用例

セパレータを空白のままにすると、各文字が分析されます。

var pieces = sentence.split("");

// [ "O", "h", " ", "a", " ", "c", "o", "o", "k", "i", "e", "!" ]

スペースは区切り文字として使用されなかったため、結果の配列に残っていることに注意してください。

もっと詳しく知る

split()は、開発者が文字列を操作するのに役立ついくつかの方法の1つにすぎません。詳細については、 JavaScriptで文字列にインデックスを付け、分割し、操作する方法を参照してください。