wgetはLinuxでWebサイトをダウンロードするのに便利なコマンドです。たとえば、

wget[url]

となります。

…​.[[email protected] ~]$ wget -r -p -k -E

http://www.google.com

–2009-07-19 14:07:27–

http://www.google.com/

www.google.comを解決する…​ 64.233.189.104 www.google.comに接続する| 64.233.189.104 |:80 …​接続しました。

HTTP要求が送信され、応答を待っています…​ 302 Found
場所:http://www.google.com.my/[フォロー中]–2009-07-19 14:07:27–

http://www.google.com.my/www.google.com.myを解決する…​

; 64.233.189.147
www.google.com.my | 64.233.189.147 |:80 …​に接続しています。
HTTP要求が送信され、応答を待っています…​ 200 OK
長さ:不特定[text/html]保存先: ‘www.google.com.my/index.html’

[<⇒]5,742 –.- 0.05秒でK/秒

2009-07-19 14:07:27(102 KB/s) – 「www.google.com.my/index.html」が保存されました[5742]
終了—​2009-07-19 14:07:27–
ダウンロード:1ファイル、5.6K in 0.05s(102 KB/s)
www.google.com.my/index.htmlを変換する…​ 0-12
0.001秒で1ファイルを変換しました。

上記のコマンドは "google.com"ウェブサイトをローカルドライブにダウンロードします。

===  Wgetのオプションの説明

________________________________________________________________________________________________________________________________________________
-r, –recursive specify recursive download. +
-k, –convert-links make links in downloaded HTML point to local files. +
-p, –page-requisites get all images, etc. needed to display HTML page. +
-E, –html-extension save HTML documents with `.html’ extension.
________________________________________________________________________________________________________________________________________________

wgetにはまだ多くの便利なオプションがあります。**  man wget ** や**  wget -help ** を発行して他のオプションについて詳しく調べてください。

リンク://タグ/unix/[unix]