1概要

このチュートリアルでは、Mavenビルドツールのコアプラグインの1つである

verifier

プラグインを紹介します。

他のコアプラグインの概要については、/core-maven-plugins[この概要記事]を参照してください。


2プラグインの目標


verifier

プラグインには目標が1つしかありません –

verify

。 ** この目標は、ファイルやディレクトリの存在の有無を検証し、ファイルの内容を正規表現と照合します。

その名前にもかかわらず、

verify

目標は、デフォルトでは

verify

フェーズではなく

integration-test

フェーズにバインドされます。


3構成


verifier

プラグインは、

pom.xml

に明示的に追加された場合にのみトリガされます。

<plugin>
    <artifactId>maven-verifier-plugin</artifactId>
    <version>1.1</version>
    <configuration>
        <verificationFile>input-resources/verifications.xml</verificationFile>
    </configuration>
    <executions>
        <execution>
            <goals>
                <goal>verify</goal>
            </goals>
        </execution>
    </executions>
</plugin>


このリンク

プラグインの最新バージョンを表示します。

  • 検証ファイルのデフォルトの場所は

    src/test/verifier/verifications.xml

    ** です。別のファイルを使用したい場合は、

    verificationFile

    パラメータに値を設定する必要があります。

確認ファイルの内容は、指定の設定で表示されます。

<verifications
  xmlns="http://maven.apache.org/verifications/1.0.0"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/verifications/1.0.0
  http://maven.apache.org/xsd/verifications-1.0.0.xsd">
    <files>
        <file>
            <location>input-resources/baeldung.txt</location>
            <contains>Welcome</contains>
        </file>
    </files>
</verifications>

この検証ファイルは、

input-resources/baeldung.txt

という名前のファイルが存在し、そのファイルに

Welcome

という単語が含まれていることを確認します。このようなファイルはすでに追加されているので、目標の実行は成功します。


4結論

この記事では、

verifier

プラグインについて説明し、それをカスタマイズする方法を説明しました。

このチュートリアルの完全なソースコードはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/maven[over on GitHub]にあります。




  • «** 前へ