React Router は、何年にもわたっていくつかの変更を経てきました。 最新バージョンの紹介は次のとおりです。ReactRouter4。

Reactルーターのインストール

パッケージをインストールするのと同じです。 ただし、react-routerではなくreact-router-domが必要になる可能性があります。

$ yarn add react-router-dom

# or with npm:
$ npm install react-router-dom --save

ルートの設定

それは実際にはかなり直感的です。 ルーターの子要素でルートを定義するだけです。

import React, { Component } from 'react';
// This example's for browser use, so I'm using `BrowserRouter`.
// The are other routers for other environments, though.
import { BrowserRouter, Route } from 'react-router-dom';

// Your components.
import AboutPage from './AboutPage';
import HomePage from './HomePage';

class App extends Component {
  render() {
    return (
      <BrowserRouter>
        <div>
          {/* `component` will render when `path` matches the user's location */}
          {/* `exact` makes it so it only renders if `path` matches exactly. */}
          {/* Otherwise, `HomePage` would render on "mysite.com/About" as well as "mysite.com/". */}
          <Route exact path="/" component={HomePage}/>
          <Route path="/About" component={AboutPage}/>
        </div>
      </BrowserRouter>
    );
  }
}

export default App;

ルートへのリンク

もちろん、ユーザーが手動でURLを編集する必要がある場合、ルートはそれほど役に立ちません。 React Routerは、Linkコンポーネントの形式でソリューションを提供します。

import React from 'react';
import { Link } from 'react-router-dom';

// Our Home Page.  Exciting stuff.
export default function HomePage() {
  return (
    <div>
      <h1>{'Home Page'}</h1>
      {/* A link to the About route. */}
      <Link to="/About">{'Check out our About Page!'}</Link>
    </div>
  );
}

なぜアンカータグ(<a>)を使用するべきではないのか疑問に思っている場合:ReactRouterは履歴オブジェクトに対していくつかの優れた機能を実行します。