ウェビナーシリーズ

この記事は、Kubernetesを使用したCI/CDの実行に関するウェビナーシリーズを補足するものです。 このシリーズでは、リリース管理、クラウドネイティブツール、サービスメッシュ、Kubernetesで使用できるCI / CDツールについて説明し、アプリケーションの構築、テスト、デプロイにクラウドネイティブアプローチを採用する方法について説明します。 これは、CI/CDのベストプラクティスとKubernetesをワークフローに統合することに関心のある開発者や企業を支援するように設計されています。

このチュートリアルには、シリーズの2番目のセッションであるHelmを使用したKubernetesパッケージ管理とJenkinsXを使用したCI/CDの概念とコマンドが含まれています。

警告:このチュートリアルの手順は、デモンストレーションのみを目的としています。 その結果、本番環境での展開に必要なベストプラクティスとセキュリティ対策に準拠していません。

序章

アプリケーションを展開する際のエラーを減らし、複雑さを整理するために、CI / CDシステムには、パッケージ管理/展開用の堅牢なツールと、自動テストを備えたパイプラインが含まれている必要があります。 しかし、最新の本番環境では、クラウドベースのインフラストラクチャの複雑さが増すと、信頼性の高いCI/CD環境を構築する際に問題が発生する可能性があります。 この問題を解決するために開発された2つのKubernetes固有のツールは、HelmパッケージマネージャーとJenkinsXパイプライン自動化ツールです。

Helmは、Kubernetes用に特別に設計されたパッケージマネージャーであり、 Cloud Native Computing Foundation (CNCF)が、Microsoft、Google、Bitnami、およびHelmコントリビューターコミュニティと協力して管理しています。 大まかに言えば、APTやYUMなどのLinuxシステムパッケージマネージャーと同じ目標を達成します。つまり、アプリケーションのインストールと依存関係をバックグラウンドで管理し、ユーザーから複雑さを隠すことです。 しかし、Kubernetesでは、この種の管理の必要性がさらに顕著になります。アプリケーションのインストールには、複雑で面倒なYAMLファイルのオーケストレーションが必要であり、リリースのアップグレードやロールバックは困難なものから不可能なものまであります。 この問題を解決するために、HelmはKubernetes上で実行され、アプリケーションを charts と呼ばれる事前構成されたリソースにパッケージ化します。これにより、ユーザーは簡単なコマンドで管理できるため、アプリケーションの共有と管理のプロセスがよりユーザーになります。フレンドリー。

Jenkins Xは、Kubernetesの本番パイプラインと環境を自動化するために使用されるCI/CDツールです。 Dockerイメージ、Helmチャート、および Jenkinsパイプラインエンジンを使用して、Jenkins Xはリリースとバージョンを自動的に管理し、GitHub上の環境間でアプリケーションをプロモートできます。

CI / CD with Kubernetesシリーズのこの2番目の記事では、次の方法でこれら2つのツールをプレビューします。

  • Helmを使用したKubernetesパッケージの管理、作成、デプロイ。

  • JenkinsXを使用してCI/CDパイプラインを構築します。

さまざまなKubernetesプラットフォームでHelmとJenkinsXを使用できますが、このチュートリアルでは、ローカル環境でセットアップされたシミュレートされたKubernetesクラスターを実行します。 これを行うには、 Minikube を使用します。これは、真のKubernetesクラスターをセットアップしなくても、自分のマシンでKubernetesツールを試すことができるプログラムです。

このチュートリアルを終了すると、これらのKubernetesネイティブツールがクラウドアプリケーションにCI/CDシステムを実装するのにどのように役立つかについての基本的な理解が得られます。

前提条件

このチュートリアルに従うには、次のものが必要です。

  • 16GB以上のRAMを搭載したUbuntu16.04サーバー。 このチュートリアルはデモンストレーションのみを目的としているため、コマンドはrootアカウントから実行されます。 このアカウントの制限のない特権は、本番環境に対応したベストプラクティスに準拠しておらず、システムに影響を与える可能性があることに注意してください。このため、仮想マシンやDigitalOceanドロップレット

  • GitHubアカウントおよびGitHubAPIトークン。 このチュートリアルのJenkinsXの部分で入力できるように、このAPIトークンを必ず記録してください。

  • Kubernetesの概念に精通していること。 詳細については、記事Kubernetesの概要を参照してください。

ステップ1—Minikubeを使用してローカルKubernetesクラスターを作成する

Minikubeを設定する前に、Kubernetesコマンドラインツール kubectl 、双方向データ転送リレー socat 、コンテナプログラムDockerなどの依存関係をインストールする必要があります。 ]。

まず、システムのパッケージマネージャーがapt-transport-httpsを使用してHTTPS経由でパッケージにアクセスできることを確認します。

  1. apt-get update
  2. apt-get install apt-transport-https

次に、kubectlのダウンロードが有効であることを確認するために、公式のGoogleリポジトリのGPGキーをシステムに追加します。

  1. curl -s https://packages.cloud.google.com/apt/doc/apt-key.gpg | apt-key add -

GPGキーを追加したら、テキストエディタで開いてファイル/etc/apt/sources.list.d/kubernetes.listを作成します。

  1. nano /etc/apt/sources.list.d/kubernetes.list

このファイルを開いたら、次の行を追加します。

/etc/apt/sources.list.d/kubernetes.list
deb http://apt.kubernetes.io/ kubernetes-xenial main

これにより、システムにkubectlをダウンロードするためのソースが表示されます。 行を追加したら、ファイルを保存して終了します。 nanoテキストエディタでは、CTRL+Xを押し、yと入力し、ENTERを押すことでこれを行うことができます。

最後に、APTのソースリストを更新し、kubectlsocat、およびdocker.ioをインストールします。

  1. apt-get update
  2. apt-get install -y kubectl socat docker.io

注: MinikubeでKubernetesクラスターをシミュレートするには、新しいdocker-ceリリースではなく、docker.ioパッケージをダウンロードする必要があります。 本番環境に対応した環境では、docker-ceがより適切な選択になります。これは、公式のDockerリポジトリでより適切に維持されるためです。

kubectlをインストールしたので、Minikubeのインストールに進むことができます。 まず、curlを使用して、プログラムのバイナリをダウンロードします。

  1. curl -Lo minikube https://storage.googleapis.com/minikube/releases/v0.28.0/minikube-linux-amd64

次に、ダウンロードしたファイルのアクセス許可を変更して、システムで実行できるようにします。

  1. chmod +x minikube

最後に、minikubeファイルを/usr/local/bin/の実行可能パスにコピーし、ホームディレクトリから元のファイルを削除します。

  1. cp minikube /usr/local/bin/
  2. rm minikube

Minikubeをマシンにインストールすると、プログラムを開始できます。 Minikube Kubernetesクラスターを作成するには、次のコマンドを使用します。

  1. minikube start --vm-driver none

フラグ--vm-driver noneは、仮想マシンではなくコンテナを使用してローカルホストでKubernetesを実行するようにMinikubeに指示します。 Minikubeをこのように実行すると、VMドライバーをダウンロードする必要がなくなりますが、KubernetesAPIサーバーがrootとして安全に実行されないことも意味します。

警告:ルート権限を持つAPIサーバーはローカルホストに無制限にアクセスできるため、パーソナルワークステーションでnoneドライバーを使用してMinikubeを実行することはお勧めしません。

Minikubeを起動したので、次のコマンドを使用してクラスターが実行されていることを確認します。

  1. minikube status

your_IP_addressの代わりにIPアドレスを使用して、次の出力が表示されます。

minikube: Running
cluster: Running
kubectl: Correctly Configured: pointing to minikube-vm at your_IP_address

Minikubeを使用してシミュレートされたKubernetesクラスターをセットアップしたので、クラスターの上にHelmパッケージマネージャーをインストールして構成することで、Kubernetesパッケージ管理の経験を積むことができます。

ステップ2—クラスターでのHelmPackageManagerのセットアップ

Kubernetesクラスターへのアプリケーションのインストールを調整するために、Helmパッケージマネージャーをインストールします。 Helmは、クラスターの外部で実行されるhelmクライアントと、クラスター内からのアプリケーションリリースを管理するtillerサーバーで構成されます。 クラスタでHelmを正常に実行するには、両方をインストールして構成する必要があります。

Helmバイナリインストールするには、まずcurlを使用して、次のインストールスクリプトを公式のHelmGitHubリポジトリからget_helm.shという名前の新しいファイルにダウンロードします。

  1. curl https://raw.githubusercontent.com/kubernetes/helm/master/scripts/get > get_helm.sh

このスクリプトにはrootアクセスが必要なため、get_helm.shの権限を変更して、ファイルの所有者(この場合はroot)が読み取り、書き込み、および実行できるようにします。

  1. chmod 700 get_helm.sh

次に、スクリプトを実行します。

  1. ./get_helm.sh

スクリプトが終了すると、helm/usr/local/bin/helmにインストールされ、tiller/usr/local/bin/tillerにインストールされます。

tillerがインストールされましたが、Kubernetesクラスター内の必要なリソースにアクセスするための適切な役割と権限がまだありません。 これらの役割と権限をtillerに割り当てるには、tillerという名前のサービスアカウントを作成する必要があります。 Kubernetesでは、サービスアカウントはポッドで実行されるプロセスのIDを表します。 プロセスがサービスアカウントを介して認証された後、プロセスはAPIサーバーに接続し、クラスターリソースにアクセスできます。 ポッドに特定のサービスアカウントが割り当てられていない場合、ポッドはデフォルトのサービスアカウントを取得します。 また、tillerサービスアカウントを承認するロールベースのアクセス制御(RBAC)ルールを作成する必要があります。

Kubernetes RBAC APIでは、roleに一連の権限を決定するルールが含まれています。 ロールは、namespaceまたはclusterのスコープで定義でき、単一の名前空間内のリソースへのアクセスのみを許可できます。 ClusterRoleは、クラスターのレベルで同じアクセス許可を作成し、ノードなどのクラスタースコープのリソースやポッドなどの名前空間リソースへのアクセスを許可できます。 tillerサービスアカウントに適切な役割を割り当てるには、rbac_helm.yamlというYAMLファイルを作成し、テキストエディターで開きます。

  1. nano rbac_helm.yaml

次の行をファイルに追加して、tillerサービスアカウントを構成します。

rbac_helm.yaml
apiVersion: v1
kind: ServiceAccount
metadata:
  name: tiller
  namespace: kube-system
---
apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1beta1
kind: ClusterRoleBinding
metadata:
  name: tiller
roleRef:
  apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
  kind: ClusterRole
  name: cluster-admin
subjects:
  - kind: ServiceAccount
    name: tiller
    namespace: kube-system

  - kind: User
    name: "admin"
    apiGroup: rbac.authorization.k8s.io

  - kind: User
    name: "kubelet"
    apiGroup: rbac.authorization.k8s.io

  - kind: Group
    name: system:serviceaccounts
    apiGroup: rbac.authorization.k8s.io

上記のファイルで、ServiceAccountは、tillerプロセスが認証されたサービスアカウントとしてapiserverにアクセスすることを許可します。 ClusterRoleはロールに特定の権限を付与し、ClusterRoleBindingはそのロールをtillerサービスアカウント[を含むsubjectsのリストに割り当てます。 X153X]およびkubeletユーザー、およびsystem:serviceaccountsグループ。

次に、次のコマンドを使用して、rbac_helm.yamlに構成を展開します。

  1. kubectl apply -f rbac_helm.yaml

tiller構成を展開すると、--service-acountフラグを使用してHelmを初期化し、設定したサービスアカウントを使用できるようになります。

  1. helm init --service-account tiller

初期化が成功したことを示す次の出力が表示されます。

Output
Creating /root/.helm Creating /root/.helm/repository Creating /root/.helm/repository/cache Creating /root/.helm/repository/local Creating /root/.helm/plugins Creating /root/.helm/starters Creating /root/.helm/cache/archive Creating /root/.helm/repository/repositories.yaml Adding stable repo with URL: https://kubernetes-charts.storage.googleapis.com Adding local repo with URL: http://127.0.0.1:8879/charts $HELM_HOME has been configured at /root/.helm. Tiller (the Helm server-side component) has been installed into your Kubernetes Cluster. Please note: by default, Tiller is deployed with an insecure 'allow unauthenticated users' policy. To prevent this, run `helm init` with the --tiller-tls-verify flag. For more information on securing your installation see: https://docs.helm.sh/using_helm/#securing-your-helm-installation Happy Helming!

これにより、kube-system名前空間にtillerポッドが作成されます。 また、$HOMEディレクトリに.helmデフォルトリポジトリを作成し、https://kubernetes-charts.storage.googleapis.comにデフォルトのHelm安定チャートリポジトリとhttp://127.0.0.1:8879/chartsにローカルHelmリポジトリを構成します。

tillerポッドがkube-system名前空間で実行されていることを確認するには、次のコマンドを入力します。

  1. kubectl --namespace kube-system get pods

ポッドのリストに、次の出力に示すように、tiller-deployが表示されます。

Output
NAME READY STATUS RESTARTS AGE etcd-minikube 1/1 Running 0 2h kube-addon-manager-minikube 1/1 Running 0 2h kube-apiserver-minikube 1/1 Running 0 2h kube-controller-manager-minikube 1/1 Running 0 2h kube-dns-86f4d74b45-rjql8 3/3 Running 0 2h kube-proxy-dv268 1/1 Running 0 2h kube-scheduler-minikube 1/1 Running 0 2h kubernetes-dashboard-5498ccf677-wktkl 1/1 Running 0 2h storage-provisioner 1/1 Running 0 2h tiller-deploy-689d79895f-bggbk 1/1 Running 0 5m

tillerポッドのステータスがRunningの場合、Helmに代わってクラスター内からKubernetesアプリケーションを管理できるようになりました。

Helmアプリケーション全体が機能していることを確認するには、HelmパッケージリポジトリでMongoDBなどのアプリケーションを検索します。

  1. helm search mongodb

出力には、検索用語に一致する可能性のあるアプリケーションのリストが表示されます。

Output
NAME CHART VERSION APP VERSION DESCRIPTION stable/mongodb 5.4.0 4.0.6 NoSQL document-oriented database that stores JSON-like do... stable/mongodb-replicaset 3.9.0 3.6 NoSQL document-oriented database that stores JSON-like do... stable/prometheus-mongodb-exporter 1.0.0 v0.6.1 A Prometheus exporter for MongoDB metrics stable/unifi 0.3.1 5.9.29 Ubiquiti Network's Unifi Controller

KubernetesクラスターにHelmをインストールしたので、サンプルのHelmチャートを作成し、そこからアプリケーションをデプロイすることで、パッケージマネージャーについて詳しく知ることができます。

ステップ3—チャートの作成とHelmを使用したアプリケーションのデプロイ

Helmパッケージマネージャーでは、個々のパッケージはチャートと呼ばれます。 グラフ内で、一連のファイルがアプリケーションを定義します。アプリケーションは、ポッドから構造化されたフルスタックアプリまで複雑さが異なります。 Helmリポジトリからチャートをダウンロードするか、helm createコマンドを使用して独自のチャートを作成できます。

Helmの機能をテストするには、次のコマンドを使用してdemoという名前の新しいHelmチャートを作成します。

  1. helm create demo

ホームディレクトリには、demoという新しいディレクトリがあり、その中に独自のグラフテンプレートを作成および編集できます。

demoディレクトリに移動し、lsを使用してその内容を一覧表示します。

  1. cd demo
  2. ls

demoには次のファイルとディレクトリがあります。

デモ
charts  Chart.yaml  templates  values.yaml

テキストエディタを使用して、Chart.yamlファイルを開きます。

  1. nano Chart.yaml

中には、次の内容があります。

demo / Chart.yaml
apiVersion: v1
appVersion: "1.0"
description: A Helm chart for Kubernetes
name: demo
version: 0.1.0

このChart.yamlファイルには、apiVersionのようなフィールドがあります。これは、常にv1である必要があり、description[ X155X]は、チャートのnameであり、Helmがリリースマーカーとして使用するversion番号です。 ファイルの調査が終了したら、テキストエディタを閉じます。

次に、values.yamlファイルを開きます。

  1. nano values.yaml

このファイルには、次の内容が含まれています。

demo / values.yaml
# Default values for demo.
# This is a YAML-formatted file.
# Declare variables to be passed into your templates.

replicaCount: 1

image:
  repository: nginx
  tag: stable
  pullPolicy: IfNotPresent

nameOverride: ""
fullnameOverride: ""

service:
  type: ClusterIP
  port: 80

ingress:
  enabled: false
  annotations: {}
    # kubernetes.io/ingress.class: nginx
    # kubernetes.io/tls-acme: "true"
  paths: []
  hosts:
    - chart-example.local
  tls: []
  #  - secretName: chart-example-tls
  #    hosts:
  #      - chart-example.local

resources: {}
  # We usually recommend not to specify default resources and to leave this as a conscious
  # choice for the user. This also increases chances charts run on environments with little
  # resources, such as Minikube. If you do want to specify resources, uncomment the following
  # lines, adjust them as necessary, and remove the curly braces after 'resources:'.
  # limits:
  #  cpu: 100m
  #  memory: 128Mi
  # requests:
  #  cpu: 100m
  #  memory: 128Mi

nodeSelector: {}

tolerations: []

affinity: {}

values.yamlの内容を変更することにより、チャート開発者は、チャートで定義されたアプリケーションのデフォルト値を提供し、レプリカカウント、イメージベース、入力アクセス、シークレット管理などを制御できます。 チャートユーザーは、helm installを使用して、カスタムYAMLファイルでこれらのパラメーターに独自の値を指定できます。 ユーザーがカスタム値を指定すると、これらの値はチャートのvalues.yamlファイルの値を上書きします。

次のコマンドを使用して、values.yamlファイルを閉じ、templatesディレクトリの内容を一覧表示します。

  1. ls templates

ここには、チャートのさまざまな側面を制御できるさまざまなファイルのテンプレートがあります。

テンプレート
deployment.yaml  _helpers.tpl  ingress.yaml  NOTES.txt  service.yaml  tests

demoチャートについて説明したので、demoをインストールして、Helmチャートのインストールを試すことができます。 次のコマンドを使用して、ホームディレクトリに戻ります。

  1. cd

demoヘルムチャートをwebという名前でhelm installとともにインストールします。

  1. helm install --name web ./demo

次の出力が得られます。

Output
NAME: web LAST DEPLOYED: Wed Feb 20 20:59:48 2019 NAMESPACE: default STATUS: DEPLOYED RESOURCES: ==> v1/Service NAME TYPE CLUSTER-IP EXTERNAL-IP PORT(S) AGE web-demo ClusterIP 10.100.76.231 <none> 80/TCP 0s ==> v1/Deployment NAME DESIRED CURRENT UP-TO-DATE AVAILABLE AGE web-demo 1 0 0 0 0s ==> v1/Pod(related) NAME READY STATUS RESTARTS AGE web-demo-5758d98fdd-x4mjs 0/1 ContainerCreating 0 0s NOTES: 1. Get the application URL by running these commands: export POD_NAME=$(kubectl get pods --namespace default -l "app.kubernetes.io/name=demo,app.kubernetes.io/instance=web" -o jsonpath="{.items[0].metadata.name}") echo "Visit http://127.0.0.1:8080 to use your application" kubectl port-forward $POD_NAME 8080:80

この出力には、アプリケーションのSTATUSと、クラスター内の関連リソースのリストが表示されます。

次に、次のコマンドを使用して、demoヘルムチャートによって作成された展開を一覧表示します。

  1. kubectl get deploy

これにより、アクティブな展開を一覧表示する出力が生成されます。

Output
NAME DESIRED CURRENT UP-TO-DATE AVAILABLE AGE web-demo 1 1 1 1 4m

コマンドkubectl get podsを使用してポッドを一覧表示すると、webアプリケーションを実行しているポッドが次のように表示されます。

Output
NAME READY STATUS RESTARTS AGE web-demo-5758d98fdd-nbkqd 1/1 Running 0 4m

Helmチャートの変更によってアプリケーションのさまざまなバージョンがどのようにリリースされるかを示すには、テキストエディタでdemo/values.yamlを開き、replicaCount:3およびimage:tag:に変更します。 stableからlatestへ。 次のコードブロックでは、YAMLファイルの変更が完了した後、変更が強調表示された状態で、YAMLファイルがどのように表示されるかを確認できます。

demo / values.yaml
# Default values for demo.
# This is a YAML-formatted file.
# Declare variables to be passed into your templates.

replicaCount: 3

image:
  repository: nginx
  tag: latest
  pullPolicy: IfNotPresent

nameOverride: ""
fullnameOverride: ""

service:
  type: ClusterIP
  port: 80
. . .

ファイルを保存して終了します。

この新しいバージョンのwebアプリケーションをデプロイする前に、次のコマンドを使用して、現在のHelmリリースを一覧表示します。

  1. helm list

前に作成した1つのデプロイメントで、次の出力が表示されます。

Output
NAME REVISION UPDATED STATUS CHART APP VERSION NAMESPACE web 1 Wed Feb 20 20:59:48 2019 DEPLOYED demo-0.1.0 1.0 default

REVISION1としてリストされていることに注意してください。これは、これがwebアプリケーションの最初のリビジョンであることを示しています。

demo/values.yamlに最新の変更を加えたwebアプリケーションを展開するには、次のコマンドを使用してアプリケーションをアップグレードします。

  1. helm upgrade web ./demo

ここで、Helmリリースをもう一度リストします。

  1. helm list

次の出力が表示されます。

Output
NAME REVISION UPDATED STATUS CHART APP VERSION NAMESPACE web 2 Wed Feb 20 21:18:12 2019 DEPLOYED demo-0.1.0 1.0 default

REVISION2に変更されていることに注意してください。これは、これが2番目のリビジョンであることを示しています。

webのHelmリリースの履歴を見つけるには、以下を使用します。

  1. helm history web

これにより、webアプリケーションの両方のリビジョンが表示されます。

出力
REVISION        UPDATED                         STATUS          CHART           DESCRIPTION
1               Wed Feb 20 20:59:48 2019        SUPERSEDED      demo-0.1.0      Install complete
2               Wed Feb 20 21:18:12 2019        DEPLOYED        demo-0.1.0      Upgrade complete

アプリケーションをリビジョン1にロールバックするには、次のコマンドを入力します。

  1. helm rollback web 1

これにより、次の出力が生成されます。

Output
Rollback was a success! Happy Helming!

次に、Helmのリリース履歴を表示します。

  1. helm history web

次のリストが届きます。

Output
REVISION UPDATED STATUS CHART DESCRIPTION 1 Wed Feb 20 20:59:48 2019 SUPERSEDED demo-0.1.0 Install complete 2 Wed Feb 20 21:18:12 2019 SUPERSEDED demo-0.1.0 Upgrade complete 3 Wed Feb 20 21:28:48 2019 DEPLOYED demo-0.1.0 Rollback to 1

webアプリケーションをロールバックすることにより、リビジョン1と同じ設定を持つ3番目のリビジョンを作成しました。 STATUSの下にあるDEPLOYEDアイテムを見つけることで、どのリビジョンがアクティブであるかをいつでも確認できることを忘れないでください。

次のセクションの準備として、helm deleteコマンドを使用してwebリリースを削除し、テスト領域をクリーンアップします。

  1. helm delete web

Helmのリリース履歴をもう一度調べます。

  1. helm history web

次の出力が表示されます。

Output
REVISION UPDATED STATUS CHART DESCRIPTION 1 Wed Feb 20 20:59:48 2019 SUPERSEDED demo-0.1.0 Install complete 2 Wed Feb 20 21:18:12 2019 SUPERSEDED demo-0.1.0 Upgrade complete 3 Wed Feb 20 21:28:48 2019 DELETED demo-0.1.0 Deletion complete

REVISION 3STATUSDELETEDに変更され、デプロイされたwebのインスタンスが削除されたことを示します。 ただし、これによりリリースは削除されますが、ストアからは削除されません。 リリースを完全に削除するには、--purgeフラグを指定してhelm deleteコマンドを実行します。

  1. helm delete web --purge

このステップでは、Helmを使用してKubernetesでアプリケーションリリースを管理しました。 Helmについてさらに詳しく知りたい場合は、 An Introduction to Helm、Package Manager for Kubernetes チュートリアルを確認するか、公式のHelmドキュメントを確認してください。

次に、jxCLIを使用してパイプライン自動化ツールJenkinsXをセットアップしてテストし、CI/CD対応のKubernetesクラスターを作成します。

ステップ4—JenkinsX環境のセットアップ

Jenkins Xを使用すると、パイプライン自動化とCI / CDソリューションが組み込まれているため、Kubernetesクラスターをゼロから作成できます。 jx CLIツールをインストールすることで、GitHubの環境間でアプリケーションを自動的にプロモートするだけでなく、アプリケーションリリース、Dockerイメージ、Helmチャートを効率的に管理できるようになります。

jxを使用してクラスターを作成するため、最初に、既存のMinikubeクラスターを削除する必要があります。 これを行うには、次のコマンドを使用します。

  1. minikube delete

これにより、シミュレートされたローカルのKuberneteクラスタは削除されますが、Minikubeを最初にインストールしたときに作成されたデフォルトのディレクトリは削除されません。 これらをマシンからクリーンアップするには、次のコマンドを使用します。

  1. rm -rf ~/.kube
  2. rm -rf ~/.minikube
  3. rm -rf /etc/kubernetes/*
  4. rm -rf /var/lib/minikube/*

マシンからMinikubeを完全にクリアしたら、JenkinsXバイナリのインストールに進むことができます。

まず、curlコマンドを使用して公式のJenkins X GitHubリポジトリから圧縮されたjxファイルをダウンロードし、tarコマンドを使用して解凍します。

  1. curl -L https://github.com/jenkins-x/jx/releases/download/v1.3.781/jx-linux-amd64.tar.gz | tar xzv

次に、ダウンロードしたjxファイルを/usr/local/binの実行可能パスに移動します。

  1. mv jx /usr/local/bin

Jenkins Xには、Kubernetesクラスター内で実行されるDockerレジストリが付属しています。 これは内部要素であるため、自己署名証明書などのセキュリティ対策により、プログラムに問題が発生する可能性があります。 これを修正するには、ローカルIP範囲に安全でないレジストリを使用するようにDockerを設定します。 これを行うには、ファイル/etc/docker/daemon.jsonを作成し、テキストエディタで開きます。

  1. nano /etc/docker/daemon.json

次の内容をファイルに追加します。

/etc/docker/daemon.json
{
  "insecure-registries" : ["0.0.0.0/0"]
}

ファイルを保存して終了します。 これらの変更を有効にするには、次のコマンドを使用してDockerサービスを再起動します。

  1. systemctl restart docker

安全でないレジストリでDockerを構成したことを確認するには、次のコマンドを使用します。

  1. docker info

出力の最後に、次の強調表示された行が表示されます。

Output
Containers: 0 Running: 0 Paused: 0 Stopped: 0 Images: 15 Server Version: 18.06.1-ce Storage Driver: overlay2 Backing Filesystem: extfs Supports d_type: true Native Overlay Diff: true . . . Registry: https://index.docker.io/v1/ Labels: Experimental: false Insecure Registries: 0.0.0.0/0 127.0.0.0/8 Live Restore Enabled: false

Jenkins XをダウンロードしてDockerレジストリを構成したので、jxCLIツールを使用してCI/CD機能を備えたMinikubeKubernetesクラスターを作成します。

  1. jx create cluster minikube --cpu=5 --default-admin-password=admin --vm-driver=none --memory=13314

ここでは、Minikubeを使用してKubernetesクラスタを作成しています。フラグは、--cpu=5で5つのCPUを設定し、--memory=13314でクラスタに13314MBのメモリを割り当てます。 Jenkins Xは堅牢ですが大規模なプログラムであるため、これらの仕様により、このデモンストレーションでJenkinsXが問題なく動作することが保証されます。 また、手順1で行ったように、--default-admin-password=adminを使用してJenkinsXパスワードをadminに設定し、--vm-driver=noneを使用してクラスターをローカルにセットアップしています。

Jenkins Xがクラスターを起動すると、プロセス全体のさまざまな時点で、クラスターのパラメーターを設定し、GitHubと通信して本番環境を管理する方法を決定するさまざまなプロンプトが表示されます。

まず、次のプロンプトが表示されます。

Output
? disk-size (MB) 150GB

ENTERを押して続行します。 次に、gitで使用する名前、gitで使用するメールアドレス、GitHubのユーザー名の入力を求められます。 プロンプトが表示されたらこれらをそれぞれ入力し、ENTERを押します。

次に、JenkinsXはGitHubAPIトークンを入力するように求めます。

Output
To be able to create a repository on GitHub we need an API Token Please click this URL https://github.com/settings/tokens/new?scopes=repo,read:user,read:org,user:email,write:repo_hook,delete_repo Then COPY the token and enter in into the form below: ? API Token:

ここにトークンを入力するか、前のコードブロックで強調表示されたURLを使用して、適切な権限で新しいトークンを作成します。

次に、JenkinsXは次のように質問します。

Output
? Do you wish to use GitHub as the pipelines Git server: (Y/n) ? Do you wish to use your_GitHub_username as the pipelines Git user for GitHub server: (Y/n)

両方の質問にYと入力します。

この後、JenkinsXは次のように回答するように求めます。

Output
? Select Jenkins installation type: [Use arrows to move, type to filter] >Static Master Jenkins Serverless Jenkins ? Pick workload build pack: [Use arrows to move, type to filter] > Kubernetes Workloads: Automated CI+CD with GitOps Promotion Library Workloads: CI+Release but no CD

前者の場合はStatic Master Jenkinsを選択し、後者の場合はKubernetes Workloads: Automated CI+CD with GitOps Promotionを選択します。 環境リポジトリの組織を選択するように求められたら、GitHubユーザー名を選択します。

最後に、次の出力が表示されます。これは、インストールが成功したことを確認し、JenkinsX管理者パスワードを提供します。

Output
Creating GitHub webhook for your_GitHub_username/environment-horsehelix-production for url http://jenkins.jx.your_IP_address.nip.io/github-webhook/ Jenkins X installation completed successfully ******************************************************** NOTE: Your admin password is: admin ******************************************************** Your Kubernetes context is now set to the namespace: jx To switch back to your original namespace use: jx namespace default For help on switching contexts see: https://jenkins-x.io/developing/kube-context/ To import existing projects into Jenkins: jx import To create a new Spring Boot microservice: jx create spring -d web -d actuator To create a new microservice from a quickstart: jx create quickstart

次に、jx getコマンドを使用して、アプリケーションに関する情報を示すURLのリストを受け取ります。

  1. jx get urls

このコマンドは、次のようなリストを生成します。

Name                      URL
jenkins                   http://jenkins.jx.your_IP_address.nip.io
jenkins-x-chartmuseum     http://chartmuseum.jx.your_IP_address.nip.io
jenkins-x-docker-registry http://docker-registry.jx.your_IP_address.nip.io
jenkins-x-monocular-api   http://monocular.jx.your_IP_address.nip.io
jenkins-x-monocular-ui    http://monocular.jx.your_IP_address.nip.io
nexus                     http://nexus.jx.your_IP_address.nip.io

URLを使用して、ブラウザにアドレスを入力し、ユーザー名とパスワードを入力することで、UIを介してCI/CD環境に関するJenkinsXデータを表示できます。 この場合、これは両方の「管理者」になります。

次に、ネームスペースjxjx-staging、およびjx-productionのサービスアカウントに管理者権限があることを確認するには、次のコマンドを使用してRBACポリシーを変更します。

  1. kubectl create clusterrolebinding jx-staging1 --clusterrole=cluster-admin --user=admin --user=expose --group=system:serviceaccounts --serviceaccount=jx-staging:expose --namespace=jx-staging
  1. kubectl create clusterrolebinding jx-staging2 --clusterrole=cluster-admin --user=admin --user=expose --group=system:serviceaccounts --serviceaccount=jx-staging:default --namespace=jx-staging
  1. kubectl create clusterrolebinding jx-production1 --clusterrole=cluster-admin --user=admin --user=expose --group=system:serviceaccounts --serviceaccount=jx-production:expose --namespace=jx-productions
  1. kubectl create clusterrolebinding jx-production2 --clusterrole=cluster-admin --user=admin --user=expose --group=system:serviceaccounts --serviceaccount=jx-production:default --namespace=jx-productions
  1. kubectl create clusterrolebinding jx-binding1 --clusterrole=cluster-admin --user=admin --user=expose --group=system:serviceaccounts --serviceaccount=jx:expose --namespace=jx
  1. kubectl create clusterrolebinding jx-binding2 --clusterrole=cluster-admin --user=admin --user=expose --group=system:serviceaccounts --serviceaccount=jx:default --namespace=jx

Jenkins X機能が組み込まれたローカルKubernetesクラスターを作成したので、プラットフォーム上にアプリケーションを作成して、CI / CD機能をテストし、JenkinsXパイプラインを体験できます。

ステップ5—JenkinsX環境でテストアプリケーションを作成する

KubernetesクラスターにJenkinsX環境をセットアップすると、テストパイプラインの自動化に役立つCI/CDインフラストラクチャが整います。 このステップでは、動作中のJenkins Xパイプラインにテストアプリケーションを設定して、これを試してみます。

このチュートリアルでは、デモンストレーションの目的で、CloudYugaチームによって作成されたサンプルRSVPアプリケーションを使用します。 このアプリケーションは、他のウェビナー資料とともに、DO-CommunityGitHubリポジトリにあります。

まず、次のコマンドを使用して、リポジトリからサンプルアプリケーションのクローンを作成します。

  1. git clone https://github.com/do-community/rsvpapp.git

リポジトリのクローンを作成したら、rsvpappディレクトリに移動し、gitファイルを削除します。

  1. cd rsvpapp
  2. rm -r .git/

gitリポジトリとJenkinsXプロジェクトを新しいアプリケーション用に初期化するには、jx createを使用して最初から開始するか、テンプレートを使用するか、jx importを使用してローカルプロジェクトまたはgitから既存のアプリケーションをインポートします。リポジトリ。 このチュートリアルでは、アプリケーションのホームディレクトリ内から次のコマンドを実行して、サンプルのRSVPアプリケーションをインポートします。

  1. jx import

Jenkins Xは、GitHubのユーザー名、gitを初期化するかどうか、コミットメッセージ、組織、およびリポジトリに付ける名前の入力を求めるプロンプトを表示します。 はいと答えてgitを初期化し、残りのプロンプトに個々のGitHub情報と設定を提供します。 Jenkins Xがアプリケーションをインポートすると、アプリケーションのホームディレクトリにHelmチャートとJenkinsfileが作成されます。 要件に応じて、これらのチャートとJenkinsfileを変更できます。

サンプルRSVPアプリケーションは、そのコンテナーのポート5000で実行されるため、これに一致するようにcharts/rsvpapp/values.yamlファイルを変更します。 テキストエディタでcharts/rsvpapp/values.yamlを開きます。

  1. nano charts/rsvpapp/values.yaml

このvalues.yamlファイルで、service:internalPort:5000に設定します。 この変更を行うと、ファイルは次のようになります。

charts / rsvpapp / values.yaml
# Default values for python.
# This is a YAML-formatted file.
# Declare variables to be passed into your templates.
replicaCount: 1
image:
  repository: draft
  tag: dev
  pullPolicy: IfNotPresent
service:
  name: rsvpapp
  type: ClusterIP
  externalPort: 80
  internalPort: 5000
  annotations:
    fabric8.io/expose: "true"
    fabric8.io/ingress.annotations: "kubernetes.io/ingress.class: nginx"
resources:
  limits:
    cpu: 100m
    memory: 128Mi
  requests:
    cpu: 100m
    memory: 128Mi
ingress:
  enabled: false

ファイルを保存して終了します。

次に、アプリケーションに合わせてcharts/preview/requirements.yamlを変更します。 requirements.yamlは、開発者がチャートの場所と目的のバージョンとともにチャートの依存関係を宣言できるYAMLファイルです。 サンプルアプリケーションはデータベースの目的でMongoDBを使用しているため、charts/preview/requirements.yamlファイルを変更して、MongoDBを依存関係としてリストする必要があります。 次のコマンドを使用して、テキストエディタでファイルを開きます。

  1. nano charts/preview/requirements.yaml

次のコードブロックで強調表示されているように、alias: cleanupエントリの後にmongodb-replicasetエントリを追加して、ファイルを編集します。

チャート/プレビュー/requirements.yaml
# !! File must end with empty line !!
dependencies:
- alias: expose
  name: exposecontroller
  repository: http://chartmuseum.jenkins-x.io
  version: 2.3.92
- alias: cleanup
  name: exposecontroller
  repository: http://chartmuseum.jenkins-x.io
  version: 2.3.92
- name: mongodb-replicaset
  repository: https://kubernetes-charts.storage.googleapis.com/
  version: 3.5.5

  # !! "alias: preview" must be last entry in dependencies array !!
  # !! Place custom dependencies above !!
- alias: preview
  name: rsvpapp
  repository: file://../rsvpapp

ここでは、previewチャートの依存関係としてmongodb-replicasetチャートを指定しました。

次に、rsvpappチャートに対してこのプロセスを繰り返します。 charts/rsvpapp/requirements.yamlファイルを作成し、テキストエディタで開きます。

  1. nano charts/rsvpapp/requirements.yaml

ファイルが開いたら、次を追加します。入力された行の前後に1行の空のスペースがあることを確認します。

チャート/rsvpapp/requirements.yaml

dependencies:
- name: mongodb-replicaset
  repository: https://kubernetes-charts.storage.googleapis.com/
  version: 3.5.5

これで、mongodb-replicasetチャートをrsvpappチャートの依存関係として指定しました。

次に、サンプルRSVPアプリケーションのフロントエンドをMongoDBバックエンドに接続するために、MONGODB_HOST環境変数をcharts/rsvpapp/templates/deployment.yamlファイルに追加します。 このファイルをテキストエディタで開きます。

  1. nano charts/rsvpapp/templates/deployment.yaml

ファイルの上部にある1行の空白行と、ファイルの下部にある2行の空白行に加えて、次の強調表示された行をファイルに追加します。 YAMLファイルが機能するには、次の空白行が必要であることに注意してください。

チャート/rsvpapp/templates/deployment.yaml

apiVersion: extensions/v1beta1
kind: Deployment
metadata:
  name: {{ template "fullname" . }}
  labels:
    draft: {{ default "draft-app" .Values.draft }}
    chart: "{{ .Chart.Name }}-{{ .Chart.Version | replace "+" "_" }}"
spec:
  replicas: {{ .Values.replicaCount }}
  template:
    metadata:
      labels:
        draft: {{ default "draft-app" .Values.draft }}
        app: {{ template "fullname" . }}
{{- if .Values.podAnnotations }}
      annotations:
{{ toYaml .Values.podAnnotations | indent 8 }}
{{- end }}
    spec:
      containers:
      - name: {{ .Chart.Name }}
        image: "{{ .Values.image.repository }}:{{ .Values.image.tag }}"
        env:
        - name: MONGODB_HOST
          value: "mongodb://{{.Release.Name}}-mongodb-replicaset-0.{{.Release.Name}}-mongodb-replicaset,{{.Release.Name}}-mongodb-replicaset-1.{{.Release.Name}}-mongodb-replicaset,{{.Release.Name}}-mongodb-replicaset-2.{{.Release.Name}}-mongodb-replicaset:27017"
        imagePullPolicy: {{ .Values.image.pullPolicy }}
        ports:
        - containerPort: {{ .Values.service.internalPort }}
        resources:
{{ toYaml .Values.resources | indent 12 }}


これらの変更により、HelmはMongoDBをデータベースとして使用してアプリケーションをデプロイできるようになります。

次に、アプリケーションのホームディレクトリからファイルを開いて、JenkinsXによって生成されたJenkinsfileを調べます。

  1. nano Jenkinsfile

このJenkinsfileは、アプリケーションのバージョンをGitHubリポジトリにコミットするたびにトリガーされるパイプラインを定義します。 パイプラインがトリガーされるたびにテストがトリガーされるようにコードテストを自動化する場合は、このドキュメントにテストを追加します。

これを実証するために、Jenkinsfilestage('CI Build and push snapshot')およびstage('Build Release')の下のsh "python -m unittest"を次の強調表示された行に置き換えて、カスタマイズされたテストケースを追加します。

/ rsvpapp / Jenkinsfile
. . .
  stages {
    stage('CI Build and push snapshot') {
      when {
        branch 'PR-*'
      }
      environment {
        PREVIEW_VERSION = "0.0.0-SNAPSHOT-$BRANCH_NAME-$BUILD_NUMBER"
        PREVIEW_NAMESPACE = "$APP_NAME-$BRANCH_NAME".toLowerCase()
        HELM_RELEASE = "$PREVIEW_NAMESPACE".toLowerCase()
      }
      steps {
        container('python') {
          sh "pip install -r requirements.txt"
          sh "python -m pytest tests/test_rsvpapp.py"
          sh "export VERSION=$PREVIEW_VERSION && skaffold build -f skaffold.yaml"
          sh "jx step post build --image $DOCKER_REGISTRY/$ORG/$APP_NAME:$PREVIEW_VERSION"
          dir('./charts/preview') {
            sh "make preview"
            sh "jx preview --app $APP_NAME --dir ../.."
          }
        }
      }
    }
    stage('Build Release') {
      when {
        branch 'master'
      }
      steps {
        container('python') {

          // ensure we're not on a detached head
          sh "git checkout master"
          sh "git config --global credential.helper store"
          sh "jx step git credentials"

          // so we can retrieve the version in later steps
          sh "echo \$(jx-release-version) > VERSION"
          sh "jx step tag --version \$(cat VERSION)"
          sh "pip install -r requirements.txt"
          sh "python -m pytest tests/test_rsvpapp.py"
          sh "export VERSION=`cat VERSION` && skaffold build -f skaffold.yaml"
          sh "jx step post build --image $DOCKER_REGISTRY/$ORG/$APP_NAME:\$(cat VERSION)"
        }
      }
    }
. . .

行が追加されると、Jenkins Xパイプラインは依存関係をインストールし、アプリケーションに変更をコミットするたびにPythonテストを実行します。

サンプルのRSVPアプリケーションを変更したので、次のコマンドを使用して、これらの変更をコミットしてGitHubにプッシュします。

  1. git add *
  2. git commit -m update
  3. git push

これらの変更をGitHubにプッシュすると、アプリケーションの新しいビルドがトリガーされます。 http://jenkins.jx.your_IP_address.nip.ioに移動し、ユーザー名とパスワードに「admin」と入力してJenkins UIを開くと、新しいビルドに関する情報が表示されます。 ページの左側にあるメニューから[ビルド履歴]をクリックすると、コミットされたビルドの履歴が表示されます。 ビルドの横にある青いアイコンをクリックし、左側のメニューから[Console Ouput]を選択すると、パイプラインの自動化されたステップのコンソール出力が表示されます。 この出力の最後までスクロールすると、次のメッセージが表示されます。

Output
. . . Finished: SUCCESS

これは、アプリケーションがカスタマイズされたテストに合格し、正常にデプロイされたことを意味します。

Jenkins Xがアプリケーションリリースをビルドすると、アプリケーションをstaging環境にプロモートします。 アプリケーションが実行されていることを確認するには、次のコマンドを使用して、Kubernetesクラスターで実行されているアプリケーションを一覧表示します。

  1. jx get app

次のような出力が表示されます。

Output
APPLICATION STAGING PODS URL rsvpapp 0.0.2 1/1 http://rsvpapp.jx-staging.your_IP_address.nip.io

これから、JenkinsXがアプリケーションをバージョン0.0.2としてjx-staging環境にデプロイしたことがわかります。 出力には、アプリケーションへのアクセスに使用できるURLも表示されます。 このURLにアクセスすると、サンプルのRSVPアプリケーションが表示されます。

Sample RSVP Application in the Staging Environment

次に、次のコマンドを使用してアプリケーションのアクティビティを確認します。

  1. jx get activity -f rsvpapp

次のような出力が表示されます。

Output
STEP STARTED AGO DURATION STATUS your_GitHub_username/rsvpappv/master #1 3h42m23s 4m51s Succeeded Version: 0.0.1 Checkout Source 3h41m52s 6s Succeeded CI Build and push snapshot 3h41m46s NotExecuted Build Release 3h41m46s 56s Succeeded Promote to Environments 3h40m50s 3m17s Succeeded Promote: staging 3h40m29s 2m36s Succeeded PullRequest 3h40m29s 1m16s Succeeded PullRequest: https://github.com/your_GitHub_username/environment-horsehelix-staging/pull/1 Merge SHA: dc33d3747abdacd2524e8c22f0b5fbb2ac3f6fc7 Update 3h39m13s 1m20s Succeeded Status: Success at: http://jenkins.jx.your_IP_address.nip.io/job/your_GitHub_username/job/environment-horsehelix-staging/job/master/2/display/redirect Promoted 3h39m13s 1m20s Succeeded Application is at: http://rsvpapp.jx-staging.your_IP_address.nip.io Clean up 3h37m33s 1s Succeeded your_GitHub_username/rsvpappv/master #2 28m37s 5m57s Succeeded Version: 0.0.2 Checkout Source 28m18s 4s Succeeded CI Build and push snapshot 28m14s NotExecuted Build Release 28m14s 56s Succeeded Promote to Environments 27m18s 4m38s Succeeded Promote: staging 26m53s 4m0s Succeeded PullRequest 26m53s 1m4s Succeeded PullRequest: https://github.com/your_GitHub_username/environment-horsehelix-staging/pull/2 Merge SHA: 976bd5ad4172cf9fd79f0c6515f5006553ac6611 Update 25m49s 2m56s Succeeded Status: Success at: http://jenkins.jx.your_IP_address.nip.io/job/your_GitHub_username/job/environment-horsehelix-staging/job/master/3/display/redirect Promoted 25m49s 2m56s Succeeded Application is at: http://rsvpapp.jx-staging.your_IP_address.nip.io Clean up 22m40s 0s Succeeded

ここでは、-f rsvpappでフィルターを適用することにより、RSVPアプリケーションのJenkinsXアクティビティを取得しています。

次に、次のコマンドを使用して、jx-staging名前空間で実行されているポッドを一覧表示します。

  1. kubectl get pod -n jx-staging

次のような出力が表示されます。

NAME                                 READY     STATUS    RESTARTS   AGE
jx-staging-mongodb-replicaset-0      1/1       Running   0          6m
jx-staging-mongodb-replicaset-1      1/1       Running   0          6m
jx-staging-mongodb-replicaset-2      1/1       Running   0          5m
jx-staging-rsvpapp-c864c4844-4fw5z   1/1       Running   0          6m

この出力は、アプリケーションがjx-staging名前空間で実行されており、バックエンドMongoDBデータベースの3つのポッドとともに、以前にYAMLファイルに加えた変更に準拠していることを示しています。

Jenkins Xパイプラインを介してテストアプリケーションを実行したので、このアプリケーションを本番環境にプロモートしてみることができます。

ステップ6—テストアプリケーションを別の名前空間にプロモートする

このデモンストレーションを完了するには、サンプルRSVPアプリケーションをjx-production名前空間にプロモートしてCI/CDプロセスを完了します。

まず、次のコマンドでjx promoteを使用します。

  1. jx promote rsvpapp --version=0.0.2 --env=production

これにより、version=0.0.2で実行されているrsvpappアプリケーションが実稼働環境にプロモートされます。 ビルドプロセス全体を通じて、JenkinsXはGitHubアカウント情報を入力するように求めます。 これらのプロンプトに、表示された個々の応答で答えてください。

プロモーションが成功したら、アプリケーションのリストを確認してください。

  1. jx get app

次のような出力が表示されます。

Output
APPLICATION STAGING PODS URL PRODUCTION PODS URL rsvpapp 0.0.2 1/1 http://rsvpapp.jx-staging.your_IP_address.nip.io 0.0.2 1/1 http://rsvpapp.jx-production.your_IP_address.nip.io

このPRODUCTION情報を使用して、JenkinsXがrsvpappを実稼働環境にプロモートしたことを確認できます。 詳細については、ブラウザで本番URLhttp://rsvpapp.jx-production.your_IP_address.nip.ioにアクセスしてください。 「本番環境」から実行されている、動作中のアプリケーションが表示されます。

Sample RSVP Application in the Production Environment

最後に、ポッドをjx-production名前空間にリストします。

  1. kubectl get pod -n jx-production

rsvpappとMongoDBバックエンドポッドがこの名前空間で実行されていることがわかります。

NAME                                     READY     STATUS    RESTARTS   AGE
jx-production-mongodb-replicaset-0       1/1       Running   0          1m
jx-production-mongodb-replicaset-1       1/1       Running   0          1m
jx-production-mongodb-replicaset-2       1/1       Running   0          55s
jx-production-rsvpapp-54748d68bd-zjgv7   1/1       Running   0          1m 

これは、RSVPサンプルアプリケーションを実稼働環境に正常にプロモートし、CI/CDパイプラインの最後での実稼働対応のアプリケーションの展開をシミュレートしたことを示しています。

結論

このチュートリアルでは、Helmを使用してシミュレートされたKubernetesクラスター上のパッケージを管理し、Helmチャートをカスタマイズして独自のアプリケーションをパッケージ化してデプロイしました。 また、KubernetesクラスターにJenkins X環境をセットアップし、CI/CDパイプラインを介してサンプルアプリケーションを最初から最後まで実行します。

これで、独自のKubernetesクラスターでCI/CDシステムを構築するときに使用できるこれらのツールの使用経験があります。 Helmの詳細については、 Helmの概要、Kubernetesのパッケージマネージャーおよび HelmPackageManagerを使用してKubernetesクラスターにソフトウェアをインストールする方法の記事をご覧ください。 。 KubernetesのCI/CDツールをさらに詳しく調べるには、このウェビナーシリーズの次のチュートリアルでIstioサービスメッシュについて読むことができます。