序章

Ajenti は、さまざまなサーバー管理タスクに使用できるオープンソースのWebベースのコントロールパネルです。 Ajenti Vと呼ばれるアドオンパッケージを使用すると、同じコントロールパネルから複数のWebサイトを管理できます。 これで、AjentiとAjentiVがインストールされているはずです。

このチュートリアルでは、AjentiコントロールパネルからAjenti Vを使用して基本的なWebサイトをセットアップし、Webサイトのドメインに電子メールアカウントを作成します。

前提条件

このチュートリアルでは、次のものが必要になります。

  • AjentiおよびAjentiVがインストールされたドロップレットに解決される登録済みドメイン名( example.com はこのチュートリアル全体で使用されます)
  • からインストールされたAjentiとAjentiVUbuntu14.04にAjentiコントロールパネルとAjentiVをインストールする方法

ドメインの構成

ここのところ、 https://panel.your_domain_name:8000/ Ajentiコントロールパネルを開きます。 私たちがあなたのウェブサイトをセットアップする前に http://your_domain_name/ ドメインの電子メールアドレスを構成するには、DNSをいくつか変更する必要があります。

ウェブサイトとメールアドレスが正しく機能するように、2つのレコードを追加する必要があります。 cloud.digitalocean.com/domains/ に移動し、AjentiコントロールパネルとAjentiVのセットアップ時に構成したドメイン名をクリックします。

まだ行っていない場合は、 HOSTNAME フィールドに「@」を入力し、Ajentiサーバーを選択するか、そのIPアドレスを入力して、ドメイン全体のAレコードを追加します。 WILL DIRECTTOフィールド。 レコードの作成ボタンをクリックして、この最初のAレコードを追加します。 もしも panel.example.com ドメインに対してまだ構成されていない場合は、上記の手順をもう一度繰り返しますが、ホスト名に「@」の代わりに「panel」を使用します。

次に、MXレコードタイプを選択します。 HOSTNAME テキストボックスに、次のように入力します @. MAIL PROVIDERS MAIL SERVER に、ドメイン名を入力します。 PRIORITY テキストボックスに、次のように入力します 10. レコードの作成ボタンをクリックして、レコードを追加します。

Ajentiコントロールパネルがある同じドメインを構成している場合は、TXTレコードも追加する必要があります。 たとえば、Ajentiにアクセスする場合 panel.example.com、このレコードを追加する必要があります。 あなたがそれにアクセスする場合 panel.otherdomain.com、TXTレコードを追加する必要はありません。

TXTレコードを追加するには、TXTレコードタイプを選択します。 HOSTNAME テキストボックスに、次のように入力します @. VALUE テキストボックスに、これを貼り付けます。 v=spf1 a ip4:your_server_ip ~all (IPをサーバーのIPに置き換えます)。 レコードの作成ボタンをクリックします。

ドメインDNS設定は次のようになります。 特定のドメインは異なります:

ウェブサイトディレクトリの作成

ブラウザで、 https://panel.example.com/ Ajentiにログインします。 右側のサイドバーのWebセクションで、Webサイトをクリックします。 初めて、まだアクティブになっていないことが通知される場合があります。 有効ボタンをクリックして、AjentiVが必要な構成変更を行えるようにします。

新しいウェブサイトというセクションがあります。 その下にNameテキストフィールドがあります。 このフィールドには、Webサイトを識別したいものを何でも入力できます。 作成ボタンをクリックすると、ページ上部のウェブサイトセクションにウェブサイトが表示されます。 ウェブサイトの横にある管理をクリックします。

Webサイトファイルセクションで、次のように変更します。 /srv/new-website たとえば、任意のディレクトリに /srv/example.com. 設定ボタンをクリックし、ディレクトリ作成ボタンをクリックします。 このディレクトリを覚えておいてください。 すぐにファイルをアップロードする必要があります。

一般タブで、メンテナンスモード設定のチェックを外します。 ページ下部の[変更を適用]をクリックします。

ページの上部にあるドメインタブをクリックします。 追加ボタンをクリックし、表示されるテキストフィールドにドメイン名を入力します。 変更の適用ボタンをクリックします。

ウェブサイトファイルの作成/アップロード

Webサイトファイル用のディレクトリができたので、そこに入れるファイルがいくつか必要です。

サイドバーのツールセクションで、ファイルマネージャーをクリックします。 フォルダ名をクリックして、次のようなWebサイトファイル用に作成したディレクトリに移動します。 /srv/example.com. フォルダは空である必要があります。 ここでは、静的Webサイトに必要なファイルやフォルダーをアップロードできます。

このチュートリアルでは、簡単な「Helloworld!」を作成します。 ウェブサイト上のドキュメント。 画面上部の新規ファイルボタンをクリックします。 名前の付いたファイル new file フォルダに表示されます。 ファイルの行の終わりで、メニューボタンをクリックします。

名前フィールドで、次のように変更します new fileindex.html. 保存をクリックして、同じメニューをもう一度開きます。 今回は、編集ボタンをクリックしてメモ帳を開きます。 次のテキストは、Webサイトが機能していることを確認するために入力できる内容の例です。 もちろん、代わりにここに好きなものを入力できます。

index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>This website is working!</title>
</head>
<body>
<h1>Hello, world!</h1>
<p>If you can read this correctly, your website is functional!</p>
</body>
</html>

メモ帳の上部にある[保存]をクリックすると、ファイルが公開されます。

必要に応じてこれらの手順を繰り返して、Webサイトを構築します。 ファイルマネージャのアップロード機能を利用することもできます。 ファイルマネージャーに戻ると、画面の下部に[ファイルの選択]というタイトルのボタンがあります。 それをクリックすると、アップロードするファイルをコンピュータから選択するための通常のプロンプトが表示されます。 ここから、選択したファイルがサイトにアップロードされます。

あなたのウェブサイトを閲覧する

次のようなドメイン名を参照します http://example.com Webブラウザで。 「HelloWorld!」が表示された場合最後のステップで作成したページ、すべてが機能します!

今すぐ終了するか、読み進めて独自のドメイン用の独自のメールアカウントを作成するかを選択できます。

メールアカウントの作成

次に、登録したドメイン名でメールアカウントを作成します。

Ajentiコントロールパネルに移動します。 Web セクションで、メールをクリックします。 プロンプトが表示されたら、有効ボタンをクリックします。 新しいメールボックスの下に、記入するセクションがいくつかあります。 Address テキストボックスは、電子メールアドレスの@サインの前に表示したいものです。 入力した場合 sammy ここで、あなたのメールは [email protected]example.com. ドメインを選択するためのドロップダウンボックスもあります。 Ajenti Vで複数のWebサイトを構成している場合は、ここに複数のオプションがあります。 カスタムドメインフィールドには何も入力しないでください。 この情報を入力したら、+メールボックスをクリックします。

ご覧のとおり、このページのメールボックスセクションに新しいメールアドレスが表示されます。 それをクリックし、パスワード変更リンクをクリックします。 メールボックスの新しいパスワードを入力し、 ENTER を押してから、画面下部の変更の適用をクリックします。

次に、ページ上部の詳細タブをクリックします。 TLS セクションで、有効にする横のチェックボックスをオンにして、新しい証明書の生成ボタンをクリックします。 完了したら、ページの下部にある[変更を適用]をクリックします。 これにより、メールボックスに接続する際のセキュリティが向上し、電子メールクライアントとの互換性が向上します。

メールを取得するには、メールクライアント(Outlook、Thunderbird、K-9 Mailなど)に接続するか、AjentiのブラウザでメールにアクセスするためのウェブメールプログラムであるRainLoopをインストールします。 。

電子メールクライアントでこのメールボックスに接続するには、次の情報が役立ちます。

Username: user@example.com
Password: your_mailbox_password
IMAP Server: panel.example.com
IMAP Port: 143
IMAP Encryption: STARTTLS (Accept all certificates)
SMTP Server: panel.example.com
SMTP Port: 25
SMTP Encryption: None

結論

これで、ドメイン名用の有効な電子メールアカウントとWebサイトができました。 これらは両方ともAjentiVコントロールパネル内で作成され、同じコントロールパネルで変更できます。

サーバーにWebベースの電子メールクライアントをインストールする方法を知りたい場合は、 AjentiVへのRainLoop電子メールクライアントのインストールを確認してください。