序章

RainLoopは、AjentiVの組み込みメールを含むすべてのIMAP/SMTPメールにアクセスできる無料のメールクライアントです。 複数のアカウント、ソーシャルログイン(Twitter、Facebookなどでログイン)、2要素認証などをサポートします。 RainLoopは、Ajenti Vプラットフォーム自体にデフォルトのウェブメールがないため、AjentiVとともにインストールするのに最適なプログラムです。

Screenshot of Rainloop

このチュートリアルの最後に、RainLoopをmail.example.comにインストールし、example.comのメールボックスにIMAP/SMTPアクセスします。

前提条件

  • Ajenti VがインストールされたAjenti( Ubuntu 14.04にAjentiコントロールパネルとAjentiVをインストールする方法をお読みください)
  • ドロップレットに解決される登録済みドメイン名( example.com はこのチュートリアル全体で使用されます)
  • ドロップレットに解決されるサブドメイン(mail.example.com)。 ( DigitalOcean でホスト名を設定する方法のAレコードを設定する手順に従ってください)
  • Ajentiに設定された電子メールメールボックス( Ajentu V でのWebサイトと電子メールアカウントの作成をお読みください)

ステップ1—AjentiVでRainLoopWebサイトを作成する

ブラウザで、Ajentiコントロールパネル(通常はhttps://panel.example.com/にあります)を参照し、ログインします。 右側のサイドバーのWebセクションで、Webサイトをクリックします。

新しいウェブサイトセクションの下に名前テキストフィールドがあります。 RainLoopと入力し、Createボタンをクリックします。 同じページのWebサイトセクションで、新しいRainLoop行の管理をクリックします。

表示されたページで、メンテナンスモードの横のチェックボックスをオフにします。 その下のWebサイトファイルセクションで、パス/srv/new-websiteから/srv/RainLoopに変更します。 そのテキストフィールドの横にあるSetボタンを押します。 次に、その下のディレクトリの作成ボタンを押します。 画面下部の[変更の適用]をクリックします。

ページ上部のドメインタブをクリックします。 追加をクリックし、example.commail.example.comに置き換え、example.comをドメイン名に置き換えます。 画面下部の[変更の適用]をクリックします。

RainLoopはPHPベースであるため、作成しているRainLoopWebサイトでPHPを有効にする必要があります。 コンテンツタブをクリックします。 ドロップダウンボックスをPHP FastCGIに変更し、作成をクリックします。

次に、詳細タブをクリックします。 カスタム構成ボックスに次のように入力します。

location ^~ /data {
  deny all;
}

この追加により、/dataディレクトリに保存されている情報へのWebアクセスが拒否されます。

画面下部の[変更の適用]をクリックします。 これで構成が完了します。 次のステップは、RainLoopをインストールすることです。

ステップ2—RainLoopをインストールする

Ajentiサイドバーのツールセクションで、ターミナルをクリックします。 画面上部の新規ボタンをクリックし、表示されるブラックボックスをクリックします。

注:ここにあるすべてのコマンドはrootとして実行されます。

ターミナルプロンプトで、次のように入力します。

  1. cd /srv/RainLoop

ENTERを押します。 次に、次のように入力して、ソフトウェアの依存関係をインストールします。

  1. apt-get install php5-cli php5-curl

ENTER を押して、インストールプロセスを開始します。 プロンプトが表示されたら、Yを押します。 最後に、次のように入力してRainLoopをインストールします。

  1. wget -qO- http://repository.rainloop.net/installer.php | php

ENTERを押します。 このコマンドは、すべてのRainLoopファイルを抽出し、それらをサーバーにインストールします。

次に、ファイルに正しいアクセス許可を設定し、正しいユーザーがファイルを所有できるようにする必要があります。 同じ端末でこれらのコマンドを入力し、それぞれの後にENTERを押します。

find . -type d -exec chmod 755 {} \;
find . -type f -exec chmod 644 {} \;
chown -R www-data:www-data .

すべてのファイルとディレクトリが設定されたので、 Terminal0タブのXを押してターミナルを終了できます。

ステップ3—管理者パスワードの変更

Webブラウザでhttp://mail.example.com/?adminを参照し、example.comをドメイン名に置き換えます。 デフォルトのユーザー名はadminで、デフォルトのパスワードは12345です。 それらの資格情報を使用してログインします。

初めてログインすると、次の警告が表示されます。

Warning shown in RainLoop after installation

警告のchangeという単語はリンクです。 それをクリックし、管理者パスワードを変更して、インストールをより安全にします。 パスワードの更新をクリックして、パスワードの変更を終了します。 ボタンが緑色に変わり、変更が承認されたことを示します。

ステップ4—ドメインを設定する

RainLoopのサイドバーで、ログインをクリックします。 デフォルトドメインテキストフィールドに、Ajenti Vメールの@の後に続くドメインを入力する必要があります(通常、これは登録済みのドメイン名です)。 ENTER を押すと、一時的に緑色のチェックマークが表示され、保存されたことを示します。

サイドバーで、ドメインをクリックします。 すでに追加されているデフォルトのメールドメインのリストがあります。 このリストには、gmail.comoutlook.comqq.comyahoo.comなどの商用ドメインが含まれています。 これらのサービスのいずれかのアカウントをお持ちで、RainLoop内でそれらを確認できるようにしたい場合は、それらを残すことができます。 それ以外の場合は、それらの横にあるゴミ箱アイコンをクリックして削除できます。

次に、そのページの上部にあるドメインの追加をクリックします。 名前フィールドに、example.comなどのドメイン名を入力します。 IMAP セクションのサーバーの下に、mail.your_domain_nameと入力します。 Secure で、ドロップダウンを使用してSTARTTLSを選択します。 SMTP セクションで、Serverの下にmail.your_domain_nameと入力します。

Example configuration

この画面の下部にあるテストボタンをクリックします。 緑色に変わったら、モーダルの下部にある追加ボタンをクリックしてドメインを追加します。 赤くなった場合は、エラーメッセージを読んで、接続できない理由を確認してください。

手順5— 2要素認証を有効にする(オプション)

Google AuthenticatorやAuthyなどのサービスを使用している場合は、このセクションに関心があるかもしれません。

サイドバーのセキュリティオプションを参照します。 2段階認証プロセスを許可するの横のチェックボックスをオンにします。 オプションで、 2段階認証を適用するの横のチェックボックスをオンにすることもできますが、これを使用する複数のユーザーがいて、すべてのユーザーに2要素認証の使用を強制する場合を除き、これは必要ありません。

Enabling 2FA

このチュートリアルの後半で、2要素認証を構成する方法を学習します。

ステップ6—RainLoopにログインする

http://mail.your_domain_nameを参照します。 最初のボックスに(ユーザー名だけでなく)メールアドレス全体を入力し、次のボックスにメールパスワードを入力します。 これは管理者ログインではありません。 むしろ、Ajentiでメールボックスを設定するときに指定したアカウント情報です。 コンピューターでRainLoopにアクセスするたびにログインする必要がない場合は、 [RememberMe]チェックボックスをオンにします。

ログインしたら、完了です。 これで、電子メールメッセージを読んで作成することができます。 ここで終了するか、いくつかのオプション設定を続行するかを選択できます。

ステップ7— RainLoopのカスタマイズ(オプション)

ページの上部にある、シルエットの人物アイコンが付いたドロップダウンボタンをクリックします。

Profile Menu

設定をクリックします。 表示される最初の画面では、一般的な詳細を好みに合わせて構成するオプションがあります。 垂直レイアウトと水平レイアウト、デフォルトのテキストエディタなどから選択できます。

役立つ可能性のあるオプションの1つは、通知オプションです。 これが主要な電子メールクライアントである場合は、電子メールの到着時に通知を有効にすることをお勧めします。 通知セクションの下にある両方のチェックボックスをオンにするだけで、メールを受信したときにブラウザからポップアップを取得し始めることができます。

Email notification popup

ご覧のとおり、誰がメールを送信したかと件名が表示されます。 それをクリックするだけで、ブラウザでメッセージ全体を読むことができます。 これを機能させるには、RainLoopを常にブラウザタブで開く必要があります。

手順8— 2要素認証の設定(オプション)

二要素認証を設定する場合は、次の手順に従います。 http://mail.your_domain_nameでRainLoopユーザーインターフェイスにログインし、設定に移動します。 設定で、サイドバーのセキュリティをクリックします。 2ステップ認証の構成というタイトルのリンクがあるはずです。 それをクリックし、表示されるアクティブ化ボタンをクリックします。

2FA Setup

注:次のスクリーンショットはGoogle認証システム用です。 認証アプリの手順は異なる場合があります。

Google認証システムのアカウントを手動でアクティブ化するで、バーコードをスキャンするをクリックします。 バーコードスキャナーアプリをインストールするように求められる場合があります。 その場合は、インストールしてアプリに戻ります。

Scan a Barcode

次に、Webページに表示されているQRコードをスキャンします。

Scan the code

これで、携帯電話に6桁のコードが表示されます。 Webメールにサインインするには、このコードが必要になります。

2FA on Phone

コンピューターの2要素認証モーダルに戻り、上部の 2段階認証を有効にするの横に、テストというリンクが表示されます。 それをクリックし、携帯電話に6桁のコードを入力して、ENTERを押します。 ボタンが緑色に変わったら、そのウィンドウの X をクリックし、2段階認証プロセスを有効にするの横のチェックボックスをオンにします。 次に、画面下部の完了を押します。

今後、RainLoopにサインインするたびに、Google認証システムで6桁のコードを検索し、ユーザー名とパスワードの組み合わせとともに入力する必要があります。

2FA login

メールを書く

メールを表示できるRainLoopのホームページに戻ると、ページの左上隅に紙飛行機のアイコンがあります。 それをクリックするだけで、メール作成モーダルボックスが表示され、メールを作成できます。

Compose email modal

終了したら、送信をクリックすると、メールが受信者に送信されます。

結論

これで、RainLoopがサーバーにインストールされ、任意のWebブラウザーからメールボックスに簡単に電子メールアカウントでアクセスできるようになります。